大和証券投資戦略部『大予測「投資テーマ」別成長業界&企業2015-2016』が、いつの間にか発売していた。

最近は、新刊のチェックをオンラインショップで行っていたため、監視漏れに気付かなかった!

本屋の投資コーナーで見つけて即買いしたのがこちら。

IMG_4574[1]

大和証券投資戦略部の放つ良書、『大予測「投資テーマ」別成長業界&企業2015-2016』だ。

発売が4月末だったようなので、1週間も遅れて気付くという失態。。

 

早速湯船に浸かりながら通読してみたが、やっぱり良書。

各テーマ毎に、関連銘柄を解説付きで紹介してくれてるので、ド本命銘柄の理解が進みやすい。

かつ、巻末に付いている「イベントカレンダー」も中々面白いネタが書いてあり、しばらくはデスク横に陣取る一冊になりそうだ。

 

株主優待の値幅取りをしている方には十分周知のとおりですが、昨年後半から猛威を振るった優待銘柄は、サブ(メイン?)ファクターとして何らかのテーマ性を有していました

優待銘柄を追っていたはずがインバウンド関連株で巨利を得ていた、というトレーダーも少なく無いはず。

 

第一ユニバースの選定は、優待等のイベントでも、上場市場でも、セクターでも、フォローできる範囲であるならば何でも良いと思う。

ただし、運用パフォーマンスを飛躍的に伸ばすには、大局的な資金の流れを認識(しようと意識)する必要があるんだなと、昨今のディズニーランドの株価を眺めながら感じたところです。

 

というわけで、日本株が盛り上がっている限り、最重要図書の一冊かなと思う次第です。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

今月の更新

2018年10月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

このページの先頭へ