ポジショントレードを極める_その1

6月に入り、指数はかなり軟調な状態です。

アルファに賭けているポジショントレーダーにとっては、ベンチマークと大きく差をつけることができ、かつイベントも十分にあるというメシウマ状態!

5月に落としたポジションも自然と膨らみ、毎夜ギラギラしながら”次の一手”を探しています。

 

 

さて、イベント銘柄の動きを見る限り、いつもならこの下落にある程度付き合うところだったのですが、今回はかなり上手く波乗りできていました。

2015-06-18 17-10-34

収支のボラが小さくなり、5月からトレードの指向を変えた結果がうまく出ているんじゃないかと。

(そんな事言ってると、大抵痛い目にあう。)

具体的な変化を上げれば、

  ①前日のリサーチ・予習の量が各段に増えた

  ②因子分析に固執しなくなった

  ③銘柄数が減った

こんなところです。

自分の為でもあるので、それぞれ詳細をまとめておこう。

 

①前日のリサーチ・予習の量が各段に増えた

少し前から、地場と機関で10数年のキャリアを持つ、現在は個人トレーダーとして活動している方のオンラインチャンネルを熱心に視聴しています。

彼は、「どの銘柄を選んだらいいでしょうか?」という視聴者からの問いに対して、はっきりと答えます。

「デイトレでもスイングでも、答えは一つだけです。昨日トレードした銘柄です。」、と。

この簡潔な答えにはトレード対象とする銘柄を徹底的に”知る”ことと、”見る”ことの圧倒的な優位性を示しているように感じる。

自分がザラ場中に集中的に監視する銘柄は16銘柄あるのですが、それらの銘柄はすべて「日足・日中足・板・歩み値・業績・その他主要なファンダ情報・適時開示」を一通り把握しています。

これを予習していなければ、イナゴトレーダーと一緒。

(実際のイナゴは自分の利益にありつけるので、ずっと優秀なわけですが。)

事前の因子分析と定性情報の分析、そして板読みをここ半年ほど続けてきましたが、やっとそれぞれの点が結びつき、トレーダーの水準が上ったかなと実感を得られています。

相場の予習は最もトレード成績に直結し、時にはエスパー並みの判断を取ることもできる程なので、自分のスタイルなりの合理的な方法論を持っておくことが大事だと思っています。

 

②因子分析に固執しなくなった

データマイニングの方面から相場に取り組んだ者にとって、因子分析によって身に着けた知識と方法論は、良くも悪くも重い枷(かせ)になると思います。

個人的には、データマイニングを学んだ初めの一年は自分の宝だと思っているのですが、その知識が実際のトレードでは非合理的な行動を取らせてしまうことが多々ありました。

データマイニングによって導きだされた大局的な方向性は、板や歩み値あるいはその日の地合いといったミクロな情報とぶつかり、「間違いなく下がると思っていても買いポジをとる」という矛盾した行動を取ることになります。

これは、システムトレーダーが100%経験するもの。

この矛盾の克服方法は人によるものだと思いますが、自分の場合は、とにかく毎日相場を見続けることで自然とミクロな情報価値により大きなウェイトを振るようになりました。

シャノンの神さまの言うとおり、最新の情報が最大の情報価値を持つと、実践を繰り返すことで身に沁みました。

(半年かかってしまうあたりは、あまり才能が秀でているわけでは無さそうですが。)

 

③銘柄数が減った

これが①と②を踏まえての結論です。

自分が取る20銘柄程度のポジションに、自分の全ての知識と集中力を注ぐこと。

イベントドリブンに対し、因子分析の知識を踏まえてシナリオを組み、板情報と歩み値を追いながらシナリオを修正、定量的にベータヘッジポジションを調整しながら、狙った個別リスクのみを掴みに行く。

この方法論でそれなりの収益を出そうとすると、自然と銘柄数が減ってしまった、という感じか。

地合いが変化すればアルファへのアプローチも変わるんだと思うのですが。

いまはこれが目的地へ最短時間で行き着くための最善のフォーム。

 

 

続く。

 

 

<追記>

そういえば、最近偶然ヤバい本みっけました。

IMG_4695[1]

こんな本出てたの知ってましたか?

内容どうなんだと思いななめ読みしましたが、めちゃめちゃ面白い。

 

2 Responses to “ポジショントレードを極める_その1”

  1. T・Y より:

    三浦さんへ

    手紙の返事ありがとうございました。
    メールでもお送りしたのですが夏に上京する日程が決まっているようでしたら返信をください。

    • miura より:

      日時が決まったらできるだけ早く連絡しますね。
      ただ、直前まで分からない可能性が高いので、T・Yさんが休みを押さえるのが難しいかもしれませんよね。
      近況分かり次第連絡させてください。

      そちらはもう熱いみたいですね。
      仙台は相変わらず、分厚い布団にくるまって寝ています。
      くれぐれも体調に気を付けて!

コメントを残す

*

サブコンテンツ

今月の更新

2018年10月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

このページの先頭へ