8月のトレード結果と、面白い気付き。

波乱の8月相場、お疲れさまでした。

書きたいことはたくさんあるのですが、睡眠不足のため要点中心に今月のトレードをまとめます。

 

今月の成績

2015-08-31 15-11-59

まずは今月の成績から。

収益はかなりβに引っ張られた形になりましたが、リバウンド後には浮上し、プラス圏で着地しました。

サラリーマンの給料と変わらない額の収益ですが、この相場付きと、急落を経験できたことを考えると、得たものは決して小さくないと感じます。

 

反省と課題

私のポジションはβ(=指数の動き)を相殺するように組んでいるのですが、この急落ではβにかなり引きずられてしまっています。

この原因については、しっかりと理由を認識しています。

理由は、ロング・ショートの金額のズレ

 

新しいポートフォリオを組んで1か月が経ちましたが、初めはショート側も個別株で組んでいました。

そのショート側の個別を入れ替えるために、一旦ショート側を手仕舞いしてTOPIXの売り玉にしていたんですが、そんなタイミングで今回の急落を迎えてしまい、内心かなり焦ってました。

 

個別株は、相場の急変時にベータ値が上昇するため、指数を売るだけではポジションにズレが生じてしまいます

今回は買い玉の銘柄選択にかなり自信があったこともあり、投げられた玉を下で拾ってリバーサル待ち。

急落前の水準に収支が戻ったところを見ると、銘柄選択はかなりイイ線いっていたかな?

監視銘柄を見ると、高値を更新している銘柄もそこそこあり、大して儲かっていないくせに自信だけは付き、今年一番の収穫があった月になりました。

 

9月以降の立ち回り

目先は、早く個別の売りポジションを作ってしまい、βと金額でニュートラルにしてしまいたいところです。

しかし、ショート対象の個別株はまだリバーサル最中なので、納得いくポジションを組めるまで1か月以上かかるかもしれない。

新しいトレーディングが型にはまるまで、試行錯誤はもう少し続きそうですね。

 

個別銘柄の定量的スクリーニングは、かなり納得いくものになったので、後はポジションの組み方だけ。

結果=収益につながるまでがもどかしいですが、ゲームの攻略法が見えてくるこの段階が一番楽しい時でもあります。

大きいポジションを動かしているので、リスク管理だけは気を配っていきたいところ。

 

気付きメモ

今月、面白い気付きがあったので、メモ代わりに追記。

 

ショート対象の銘柄スクリーニングを10日ほど前に終えたのですが、その内容にかなり驚きました。

以下の画像は、定量ファクターでランキングした上位銘柄です。

(上位ほど、強い売りシグナル。)

2015-08-26 16-03-32

明らかにチャートのおかしい銘柄を2~3ほど取り除きましたが、ほとんと定量情報でのスクリーニング結果通りに表示しています。

もちろん貸借銘柄のみ対象。

ファクターは、アカデミックな研究にも用いられるようなオーソドックスな収益性ファクターです(少しアレンジはしてある)。

 

見事に下げている銘柄ばかり。

個別に見ていっても、ほぼ全てTOPIXをアンダーパフォームしていました。

問題は、ロング対象よりも、流動性が低めという点くらいかな。

 

もちろん、相場付きにもよるかと思いますが、チャートを俯瞰する限り、ロング側よりもショート側の方が簡単なゲームに見えます。

これが分かったことも今月の大きな収穫の一つになりました。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

今月の更新

2018年6月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

このページの先頭へ