手書きチャートで締める金曜日、明日は再び鬼才の元へ!

華の金曜日。

皆さん、週末と言えばこれですよね?

 

IMG_3352

手書きチャート。

週末に一週間分のチャートを手書きし、相場の動向を体に落とし込む。

 

ネット証券の時代。

あらゆる銘柄の数十年分のチャートなんて、マウスのクリック一発で表示することができる。

いまさら手書きする意味はなんだと疑問に思うのも不思議ではない。

 

モニターに表示されるチャートで売買しているトレーダーがとりわけ注意しなければならないことは、チャートの尺度を常に一定に保つこと。

ほとんど全てといっていい画面上のチャートは、ウィンドウサイズを変化させるとチャートの尺度も変動してしまう。

尺度を変えてしまっていては、いくら熱心に観察していても定量分析にはならない。

人もシステムである。

常に取り込む情報は尺度を合わせ、定量的な情報をインプットしなければ、エッジの効いたアウトプットは出てこないものだ。

 

この手書きチャートは、現在学んでいるデータサイエンティストの元へ通い始めてから書いているもの。

1㎜四方の厳格な定量尺度の中に価格変動のエネルギーを流し込むことで、精錬された価格情報をインプットすることができる、優れた手法だ。

一度お試しあれ。

 

明日は土曜日。

鬼才データサイエンティストのもとで学ぶ準備は整った!

東京へ、いざゆかん!

コメントを残す

*

サブコンテンツ

今月の更新

2018年4月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

このページの先頭へ