東証【TDnet データサービス】月額36,000円!その価値や如何に!?

現在、新システムの稼働へ向けて、一日中モニターや書類と向き合う生活を送っていた。

本気でファンダメンタルズ情報を分析して稼いでいるシステムトレーダーはかなり少ないはずなので、面倒な作業を愚直にこなしながら渾身の力で取り組もうと考えている。

 

検証・運用をしていくうえでもっとも大切なアイテムは、データ。

一次情報を安定的にシステムへ供給するために、東証の【TDnet データサービス】の利用を考えていた。

IMG_3445[1]

このサービスを契約しなくとも、過去1ヵ月間の情報を1度に200件まで検索することは可能だ。

【リンクはこちら】

 

しかし、自分はさらに大きな量のデータ解析を行うので、上記写真の【TDnet データサービス】の利用を検討している。

このサービスによって、過去5年間の適時開示情報を縦横無尽に検索できるようになるのだ。

利用料は1IDあたり、月額36,000円

利用するのは、よほどの自信がある個人投資家か、あるいは金持ちか。

自分の場合、ほぼエッジが見えている状態なので、高い金額だとは思わない。

 

そして今日は、昨日紹介した本を熟読。

IMG_3446[1]

 

なんとか必要箇所は読了した。

これは株式投資を本気で取り組みたい方にとって必読の書

ここにしか掲載されない唯一無二の情報が満載されている!

おそらく自分にとっても、今夏一番の愛読書となること間違いないだろう。

 

昨日も書いたが、ファンダメンタルズの学習は、トレーダーとしての確かな成長を期待できる部分なので、生涯学習として取り組み続けたいところだ。

変化し続けるマーケットで勝ち続けたいならば、自己の成長を止めてはならない。

あなたの【トータルシステム=自己】は、今日も流転する世界への最適化を施しただろうか!?

 

準備ができたなら、明日のマーケットでまた会おう!

 

コメントを残す

*

サブコンテンツ

今月の更新

2018年1月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

このページの先頭へ