「システムトレード」とは何か ~その2~

さて、問題の「システム」とは何か?

 

はじめに言っておくが、そもそもシステムトレーダーが「システムとは・・・」と語り始めても一円も儲からない。

そんな儲からない話を、「どれどれ聞いてやろうか」という奇特な読者のために、かなり大げさかつ結構まじめに考えてみる。

 

私もシステムトレーダーとして駆け出しの頃、グーグル先生が紹介してくれるシステムトレーダーの記事をすべてプリントアウトしては1字も逃さず読み込んだ。

 

多変量解析を用いたマルチファクターモデル・・・

ニューラルネットによるモデル構築・・・

回帰分析によるトレンド定義とは・・・

 

当時のシステムトレードの世界は情熱に溢れていた。

かの土屋賢三という本物が表に現れ、意識の高いシステムトレーダーが、「こう考えてはどうだ?」「おれはこう考える!」と熱い議論を交わす。

興奮を抑えられず、体を震わせながらむさぼるように読み込んでいった。

 

やりたい・・・

おれにはできるか・・・

努力しても無駄か・・・

 

システムトレードへの興奮と不安が、心を満たしていた。

懐かしいな。

 

当時、相当量のシストレ関連の記事を読んでいたが、「マーケットに勝つには」「儲けるには」という記事がその大半を占め(※儲かる結論が書いてある記事は殆ど皆無である)、それはそれで素晴らしいのだが、「システムとは何か?」を追求したものは目を通した記憶がない。

おそらく、そんな一見自明の概念を再考するゆとりなど無かったのだろう。

いかに早く、イメージを検証し収益モデルへ昇華するか。

プログラミングと統計解析によって、Rスクエアの僅かな値を撃ち抜く!

想像力が現実世界へ着地する瞬間の恍惚だ。

「システム」とは?

そんなもの後回しに決まってるだろう。

 

しかしながらそんな情熱に満ちた先輩方が、その超絶技巧によって数千万、あるいは億という資産を築きながらも、相場から去っていく現実がある・・・。

日々更新される記事を見ながら、相場とはこれ程のものかと、自分の身に起きた事のように悔しかった!

システムトレーダーの存在とはこんなものか!?

これ程の努力をし、実力がありながら、人生を改めなければいけないのか!!?

想いを語ればきりが無いほど長くなるが、今はその分析をしなければならない。

先輩方の姿から余すところなく学んでいくんだ。

少し感情的になり回り道したが、先輩方が語ることのなかった「システム」という一見自明の概念を、今一度考え直そう。

 

さて、「システム」とは・・・

 

(つづく)

コメントを残す

*

サブコンテンツ

今月の更新

2018年11月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

このページの先頭へ