システムトレーダーは行動する~他者交流と情報発信1~

先日ノマドワーカーへの転身を果たすべく、ウルトラブック買うか!という趣旨の記事を書いた。

その後すぐ、目当ての獲物を発注。

届きたてホヤホヤの写真がこちら。

IMG_3648[1]

ThinkPad X1 Carbon。

ThinkPad渾身のウルトラブックだ。

直近数年間のThinkPad製品では、最高の一品ではないだろうか。

 

自分がThinkPadを使う理由は、もちろんその機能美にある。

 

30を目前にしたアラサー男がスタバでThinkPad叩きながらドヤ顔していれば、さすがに平成生まれの女子高生に引かれること必至。

しかしこの6段セパレートキーボード、狭枠ディスプレイ、スマートボディならどうだ!?

店内満員状態でも、きっと女子が相席を許してくれるだろう!(期待)

 

そんな事を妄想しながら早速バッグインして持ち運んでみたが、荷物が一気に軽くなって感動してしまった!

電源の持ちも良いし、これなら外で仕事を進めることができるだろう。

 

機能美の詳細についてはトレーダーにも有益だと思うので、また別に紹介記事を書こうと思う。

 

さて、トレード関連学習のための東京遠征も残すところあと1度。

その後の展開もすでに用意してあり、すでに活動準備を始めている。

知り合った仲間や先生からも、いくつか仕事の案件や提案が出ているので、あまり風呂敷を広げないように注意しながらも、自身の成長に繋がるものは躊躇せず取り組んでいきたい。

 

東京遠征を始めた5月以前と比べると、自分を取り巻く環境が一変したなと改めて思うところだ。

その理由を考えてみるのだが、どうもキーポイントは2つほどに絞られる。

トレード学習環境へ飛び込んだ行動と、ブログだ。

 

システムトレーダーにとって、トレードシステムの情報機密性はシステムの命に関わる問題だと考えられるのが通常。

他者との交流や、情報発信・交換にメリットを感じられず、世界が閉じていきがちというのが実情だろう。

ブログで情報発信なぞ、もっての外。

少し前までは自分もそう考えていたところがある。

 

しかし今は、一歩踏み出し、自分の身をもって経験してきて理解できたことがある。

情報の発信と他者交流には、大きな理があるということだ。

 

・・・(つづく)

コメントを残す

*

サブコンテンツ

今月の更新

2018年6月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

このページの先頭へ