決算毎週800本ノック!何とか生還。

久しぶりの更新。

 

決算処理を地道に行っていたんだけれど、毎週800を超える決算を全てさばくのは無理でしょ!

この処理のために何も手につかなくなってしまったけど、ようやくその繁忙期も乗り切った。

(2日に1度の風呂というのは学生時代よくあったが、今月は2日に1度の睡眠。)

あとはこの生データを処理しながら得た気づきをトレードモデルに落とし込み、バックテストを早いところ行わないといけない。

 

まだ詳しい検証結果は出ていないけれど、決算に集中的に取り組んで得た感覚を完結にいえば、「公表データから予見できるものは、トレーダーが先回りして動いている」というところだろうか。

業績修正や先の決算数値は予測で動くのが原則。

逆に、予測できないサプライズほど発表後に大きなインパクトがあり、そのインパクトに異常な価格を付ける効果がある。

流動性の低い銘柄ほど異常な値を付けやすく、大した内容でなくとも簡単にストップ高に張り付いてしまう。

自分たちトレーダーはその<異常値~適正値>のサヤを取ることが目的であるから、チャンスは多分に存在している。

仕手筋も入ってくるので、価格のサヤを定量的に捉えることは難しそうだが、チューリップバブルに見るように、異常な価格が異常であり続けるということは無いと歴史は証明してきた。

最近の例:オービス

bandicam 2014-11-11 20-20-09-394

戦略的には非常に理に適っているので、あとは戦術。

トレーディングの経験と技術が必要だ。

 

先輩トレーダーS氏のブログ記事を読んでいると、異常値を逆張るという自分がやりたいトレードで既に実績を出しているので、次回お会いした際に色々と聞いてみよう。

 

そのS氏のブログだが、自分にとっては宝の山が書かれてあり、かなり衝撃の内容なのだ。

イベント関連はそこそこ検証してきたつもりだったけれど、まだまだやることあるじゃん!!と反省中。

こりゃ年内は気楽にこたつに入ってる場合じゃなさそうだ。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

今月の更新

2018年4月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

このページの先頭へ