「投資戦略フェアエキスポ2015」の復習_その4

復習4日目!

若手のデイトレーダーの講演に出席してみました。

IMG_4210[1]

人気のためか1部と2部に分かれていて、自分は2部の”けむ。”さんと”テスタ”さんを拝聴。

興味のより強かった2人の話を聞けてラッキーでした。

 

初めは板読みスキャルピングの”けむ。”さんの出番。

事前に受け付けた質問に答える形だったので、要点をまとめると以下のような感じ。

 

前日には基本的にトレード準備・リサーチをしない。

自分のトレードには必要ないから。

・監視銘柄は翌日に盛り上がった銘柄等。

話題になった銘柄、動きそうな銘柄を監視している。

・朝の準備

朝の20分程度の時間を費やす。マーケット関連のニュースや、CME先物の価格等をチェック。

・前日の3月13日(金)はファナックを空売りし利益を出した

寄り付きの時点で「SQのため、オプション主体のトレーダーが225寄与度の高いファナックを担ぎ、GUからはじまったのだろう」と推測。値を下げたところを売りで取った。ちなみにその日のファナックはGUからの大陽線。

・トレードの目的は、”利益”が半分、”経験”が半分

マーケットから利益を得ることはもちろんだけど、経験を積むためのトレードにも同じように価値を置いている。

・負けた時こそ分析するべき

言葉通り、負けた要因の分析こそ大切にせよ、と。

・板に応じたロットでエントリーする

個別の板の厚さによってロットを調整。ファナックは資金の10%程度を入れた。

・想定した方向に動いたら買い増ししていく

利益が出ている際に買い増し(売り増し)

・アベノミクス相場以降は主力株を触っている

全ての相場参加者が見ているから。トヨタ、ソフトバンク、銀行株等。

・ツイッターを見ている

最近はニュースよりも情報が早かったりするので。岡三マンや満州銀行さん等をフォロー。

 

と、こんな感じ

こちらも商材になる可能性があるので、大まかな要点のみです。

 

気になる点はファナックの空売りかな。

価格変動の理由を推測し、寄り付きからのシナリオを立てたうえでエントリーしている点

超短期トレーダーは、価格情報のみを見て直感的な売買をしているようなイメージが強いですが、けむ。さんは事前の推定通りに相場が動いたことを確認してからエントリーしている。

そして一度に大金を投入せず、想定方向に動いていくのを確認しながら積み増すというかなり慎重なトレードをしているようです。

 

書籍やDVDの商材も市販されているので、具体的な手法はそちらを見るといいかと思います。

元々パチンコで大金を稼いでいたこともあり、株を始めた時から終始理詰めで考え続けてきた様子が、本や映像資料を見れば感じられるはず。

自分も、板読みの技術を身に着けようと考えた際、けむ。さんの資料にとてもお世話になりました。

 

 

そしてテスタさんの講演。

こちらもまとめようかと思ったのですが、話の内容が、普段ニコ生で語っている内容とほぼ同じだったので、チャンネルの紹介だけにしておきます。

チャンネルはこちら

トレード技術というよりも、勝負に勝つための本質論のような内容が多いかな。

有料会員は過去の放送も見れるとか(?)。

ぜひご覧あれ。

 

では、4時間目の復習は これにておしまい!

次回の更新をお楽しみに!

2 Responses to “「投資戦略フェアエキスポ2015」の復習_その4”

  1. take より:

    おはようございます、「投資戦略フェアエキスポ2015」シリーズ全4回、読了いたしました。

    会場に行けなかったので残念に思っていたのですが、このブログのお蔭でその内容に触れることが出来ました!。羽根さんからのコメントも拝見させて頂いて、私も感動です。miuraさんありがとうございました。

    けむさんのトレードスタイルは兼業投資家の私には中々真似は難しいのですが感じた事を。

    「板に応じたロットでエントリーする→自分のロスカット注文で価格が飛ばない金額」。

    「想定した方向に動いたら買い増ししていく→上がるか下がるかは、けむさんレベルの凄腕トレーダーでも分からないい?。だから自らのシナリオに沿った時にポジションを増す」。そうすれば、例えば勝率50%でも「利益>損益」になるので。

    方向性が出ていない中で仕掛けるときは(私は逆張りが多いので)、けむさんの言葉を思い返してみます。

    • miura より:

      ありがとうございます!
      読んでくださる方がいるとモチべ上がりますね。
      (羽根さんの資料の最後のページには「モチベを保ち続けることが大事」とあるんですが、すごく共感できる部分です。)

      自分は時間の使い方に自由がきくので、テスタさん達のニコ生放送をよく聞いてます。
      話を聞いていると、やはりどんなに上手い方でも予測を当て続けることは厳しく、
      <シナリオ作成→ベット→修正>
      という流れは変わらないようですね。

      事前の因子分析を行う自分たちは、彼らと比べてかなりイージーモードで戦えてるはずなので、利であるはずの事前検証は怠らずにやっていきたいところですね。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

今月の更新

2018年8月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

このページの先頭へ